全国の防水会社一覧と防水工事の一括見積

防水工事NEXT

トップページ一括見積

防水工事会社の地域別一覧

複数の防水会社へ防水工事の一括見積を依頼する

防水工事一括見積を募集する

◆工事物件のご住所
都道府県
市区郡
町名・番地

一括見積の3つのメリット

1

手軽に見積り依頼
たった一度の登録で複数企業へ一括依頼

2

優良企業
参加しているのは審査通過済みの優良企業のみ。

3

完全無料
すべてのサービスを無料でお使いいただけます。

一括見積を利用すれば沢山の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。防水工事は金額も大きく、一般の方にはそれが適正な金額なのか分かり難いので、色々な業者を比較し最適な業者を選びましょう。もちろん無料で見積り可能。きっと納得のいく業者が見つかります。

一括見積り依頼の流れ

一括見積を依頼

上にある赤い「一括見積スタート」ボタンをクリックして、見積り依頼送信フォームに進み、必要事項を入力し送信します。

 

見積を比較

通常2~3日程度で複数の業者から見積りが送られてきますので、その見積内容を比較検討します。

 

依頼先を決定

見積内容を検討して絞り込んで、最終的に依頼する業者を決定して契約を行ないます。

 

一括見積のイメージ

防水工事の必要性

コンクリート等で出来た水平な屋上面では、瓦などの屋根材に代わり防水層が雨水の浸入を防いでいます。この部分は常に風雨や直射日光にさらされる過酷な条件下にあるため、劣化を避けることが出来ません。建物の寿命を延ばすには、一般に5~10年に一度の防水工事が目安とされています。水が建物を老朽化させる最大の原因となりますので、防水工事によって劣化をおさえ、建物の寿命を延ばすことが可能です。以下のような症状が現れたら早急に対応が必要です。

防水シートのめくれ、防水塗膜の剥がれ

防水シートのめくれや、防水塗膜の剥がれは、誰の目にも明らかな状態で劣化が分かります。そのまま放置しておくと漏水に発展したり、RCの劣化が大幅に進行しますので、早期の発見が大切です。

外壁のヒビ

外壁に入ったヒビをクラックといいます。このクラックから水が入り込んで建物内部の腐食が進行してしまいます。外壁にクラックが見つかったら早急に防水工事を行う必要があります。

その他の症状

上記のほか、以下のような症状が認められたら、防水工事の早急の検討をおすすめします。

・屋上表面が泥や砂で見えない
・目地のヒビ
・目地にコケや草が生えている
・水たまりがある
・ドレン(排水口)にゴミが詰まっている
・外壁を手でこすると白い粉がつく
・ビル外部の鉄階段などの鉄部に、さびや穴がある

防水工事の基礎知識

防水工事に関してもっと詳しく知りたい方へ

防水工事が必要な箇所

水は建物のどこからでも浸入する可能性がありますので、住まいのあらゆる場所で防水は必要不可欠となります。以下のような箇所に劣化が見られた場合は、防水工事の施工時期であると言えます。

屋根、外壁

風雨や日光などによる建物のダメージを防ぐ重要な部分です。特にビルやマンションなどコンクリート製の建物はほとんどが「陸屋根」と呼ばれるフラットな屋根形状です。陸屋根の屋上は普通の戸建住宅に見られるような屋根の傾斜がない為、防水・排水の機能維持が特に重要です。屋根や外壁のメンテナンスをおそろかにすると、雨漏りや家屋構造劣化の原因になります。

浴室、キッチン

建物の湿気をコントロールする部分であるため、屋内の水周りの防水も重要となります。

ベランダ、バルコニー

これらは生活に潤いを与えるスペースですが、防水を怠ると致命的な浸水経路になってしまいます。出入りする機会が頻繁な場所であるため、工事で何日も使えないと不便になってしまいますが、「FRP防水」、「超速ウレタン防水」、「アスファルト防水」などは硬化が早いため、これらの場所に向いた防水工法と言えます。一日での工事完了も可能な工法です。

駐車場、地下構造物

たとえアスファルトの打ちっぱなしでも、ヒビなどがあればそこから水が浸透してしまいますので、家屋全体のために防水は必要です。

シーリング工事の必要性

ガラスやサッシ、外装パネルの目地を埋めているシーリング材にヒビや割れが発生した際にはシーリング工事を行う必要があります。また、施工時の接着材不足によってシーリング材がはがれた場合にも施工が必要です。シーリング防水には、雨水などの浸入を防ぐだけでなく、建物が地震や風などで動いた場合の目地部の緩衝材としての役割もあるため、ヒビなどの症状が見られたら早期の対応が必要です。

防水工事後のメンテナンス

建築時に行う防水工事だけでは、建物の劣化を防ぐことは出来ません。定期的な防水点検・防水工事を行うことが大切です。施工業者にメンテナンスの周期を確認し、忘れずに行うようにしましょう。また、屋上を日常的に利用したり、緑化する際には、なおさら防水への配慮が必要です。使いやすさや美観を求めることも大切ですが、利用することによって生じる汚れや磨耗を考慮し、耐久性の強い素材で施工を行い、定期的なメンテナンスを施すことが大切です。

会社概要