全国の墓石・石材店一覧と墓石工事の一括見積

石材店NEXT

トップページ一括見積

地域から石材店を検索

複数の墓石・石材店へ一括見積を依頼する

◆お墓の場所 (工事の場所)
都道府県

それ以降の住所

墓地・霊園の名称

一括見積の3つのメリット

1

手軽に見積り依頼

たった一度の登録で複数企業へ一括依頼

2

優良企業

参加しているのは審査通過済みの優良企業のみ。

3

完全無料

すべてのサービスを無料でお使いいただけます。

一括見積を利用すれば沢山の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。墓石工事は金額も大きく、一般の方にはそれが適正な金額なのか分かり難いので、色々な業者を比較し最適な業者を選びましょう。もちろん無料で見積り可能。きっと納得のいく業者が見つかります。

一括見積り依頼の流れ

一括見積を依頼

上にある赤い「一括見積スタート」ボタンをクリックして、見積り依頼送信フォームに進み、必要事項を入力し送信します。

見積を比較

通常2~3日程度で複数の業者から見積りが送られてきますので、その見積内容を比較検討します。

依頼先を決定

見積内容を検討して絞り込んで、最終的に依頼する業者を決定して契約を行ないます。

一括見積のイメージ

墓石について

お墓は愛する故人やご先祖にとって永遠の住処となる場所です。故人が安らかに永眠でき、子孫に代々受け継がれていくような、しっかりとしたお墓を建てたいものです。お墓の中心となるのが墓石です。鎌倉時代に起源を持つとされる日本の墓石は、人々の暮らしや宗教観の変化などによって様々な変遷を辿ってきました。特に戦後は、石材の加工技術が飛躍的に進歩したことや、日本人の意識や好みの多様化により、墓石にも様々なデザインのものが登場し、それに伴って墓石に施される加工や文字のスタイル、使用される石材も変化してきています。お墓を建てる際は石材店のアドバイスを参考にするのがベストですが、満足のいくお墓を建てるためにも、まずは事前に墓石についての知識を得ておくと安心です。

墓石のデザイン

墓石のデザインは、今日では大きく分けて以下の3タイプになります。

和型墓石

江戸時代から普及した伝統的な墓石です。基本的な構造は、上から竿石、次いで上台石、中台石を配置し、一番下に芝石(下台石)と呼ばれる敷石を置いた四段構造、あるいは敷石を置かない三段構造となります。和型墓石が今日に至るまで親しまれている理由は、格式高い雰囲気や見た目の美しさに加え、多くの方に馴染みがあるからでしょう。最近は伝統的な外観を残しつつ、新しい趣向を取り入れたものもあります。

洋型墓石

近年増えてきた洋型墓石は、モダンでありながらお墓としての格調も高く、クリスチャンのみならず、現在では仏教徒も選択することが多くなっている墓石で、ガーデニング霊園や西洋風墓地、芝生に直接洋型の墓石を置く芝生墓地などの出現により、急速に普及しつつある洋風の墓石です。 形は主にオルガン型、ストレート型、アメリカでよく見かけるプレート型等があります。また、家名ではなく、好きな文字を彫ったり、レリーフを施したりすることがあるのも洋型墓石の特徴です。外柵工事や土盛りを必要としない場合が多いので、和型に比べ低価格で建てることができます。

ニューデザイン墓石

自由な発想で個性的なデザインを施した墓石です。本の形をしたお墓や徳利型のお墓など、故人の趣味や嗜好を墓石に再現したものも多く存在します。また、どのようなデザインの墓石にするか、生前からイメージを固めておく方も少なくありません。細部までイメージ通りに仕上げられるよう、最近では完成予想図をCADや3Dシュミレーターを使って立体的な映像として事前に確認させてくれる石材店もあります。

石材の種類

国内産

国内産の石材の種類は、花崗岩と安山岩の2種類があります。花崗岩と安山岩は硬度が硬くて艶があり、墓石としてきれいに仕上げることができます。 花崗岩は御影石とも呼ばれています。青御影石、桜御影石、黒御影石、白御影石などの種類のほかにもさまざまな御影石があります。国内産の石材は、価格も外国産の石材に比べて高価です。国内産の石材を使う利点としては、日本の自然環境に適した石材であり、その耐久性や色合いなど、日本の長い歴史に使われてきた伝統と実績があるということです。墓石として安心して使用できるという利点があると思います。

外国産

外国産の石材の種類としては、中国黒龍江省を産地とする黒龍石がよく知られています。黒龍石は、中国産の石材の中では最も古くから使われている石で、吸水率が低く硬いという特徴があります。関西の和型墓石によく使われています。また、中国福建省を産地とする大崎石は、中国産白御影石を代表とする石です。価格が手頃で西日本ではよく使用される石材です。輸入石材としては、インド産、アフリカ産、スウェーデン産、アメリカ産、ポルトガル産などさまざまな石があり、約半分は輸入石材によって墓石が建立されています。

墓石の選び方

墓石の選び方は、硬くて吸水率が低い、石質の安定したものがよいといわれます。これらの数値は、ほとんどの石材店が親切に教えてくれます。ただし、数値で石材の吸水率や圧縮強度などが表されていますが、それも、石を採った場所や時期、大きさなどで変わってくるため、一概には数値に頼りきることは危険かもしれません。できる限り石材店任せにせずに、自分の目で見て墓石は選んだ方がいいでしょう。

墓石を選ぶ時に注意すべき点は、使用する石の種類によってお墓は見た目がガラっと変わりますから、自分が思い描いていた通りのお墓を作ってもらうためには、あらかじめ石材店にお墓のカラーの図面を何枚か作成してもらうことが大事です。墓石の石材選びは、素人ではわかりにくい面が多いと思います。予算に見合った範囲内で自分が思い描いていたお墓を建てるためにも、信用できる石材店に相談をして、できるだけ自分自身の目で石を見て決めた方がよいと思います。

石材店の選び方

お墓の建立に際して、どこの墓地を選び、どんな石材店を選び、どんな石で、どんな形のお墓を建てればよいか?誰しもが戸惑うことかと思います。お墓は高い買物であり、子孫代々まで末永く使うものです。お墓はどの石材店で買っても同じ品質というものではなく、価格だけでは判断できません。お墓に対するアフターケアをどれくらいしっかり行ってくれる石材店であるかという点も重要です。

以下に簡単なポイントをまとめましたので、石材店を見つける際の参考にして下さい。信頼できる良質な石材店を選ぶことが、満足のいくお墓を建てる近道であるといえます。

石について聞いてみる

複数の石の特徴を石材店に聞いてみると良いでしょう。一つ二つではなく、いくつもの石の説明を聞いてみることです。説明があいまいなら、その石材店は知識不足であると言えます。

お墓を建てた後のアフターサービスについて聞いてみる

お墓を建てた後のことについて、単に「安心ですよ。保証しますよ」という説明ではなく、どんなサービスをしてくれるのかまで詳しく聞いてみましょう。しっかりとアフターケアを実践している石材店ならば、より具体的に答えてくれるはずです。

実際にお墓を見せてもらう

展示場の説明だけではなく、実際にその石材店で建てたお墓を見せてもらうことも重要です。特に3年以上経ったお墓を見せてもらって下さい。お墓は完成直後はどれもきれいで美しく仕上がりますが、建ててから3年くらい経つと、雑な仕事(目地部分がとれたり、石がズレたり)や、不良な石(錆が出る石、変色する石)の使用の有無がわかることが多いです。

見積書などを出してもらう

お墓のトラブルの大半は、石材店に見積書・完成図面の提出、また契約書を作成してもらうことによって避けることが出来ます。この3点セットは必須です(霊園の形の決まったセット墓を購入する時は、完成図面がない場合もあります)。

お墓建立までの流れ

お墓を建てる際にはまず、墓地を決めるのが一般的です。宗旨・宗派、本家と分家の問題、個人墓か合祀墓か、将来は誰がそのお墓に入るのかなどを慎重に検討し、墓地を決定しましょう。また、墓地を決める前に、石材店を先に決める方法もあります。墓地から販売業務を委託されたり、独自に墓地の開発・運営を行っている石材店も少なくありません。安心して任せられる石材店が先に見つかれば、そこから墓地を紹介してもらうことも可能です。

一般的なお墓建立までの流れは以下の通りです。

STEP1 墓地の検討

立地条件、個人墓か合祀墓か、公営墓地か民営墓地かなど、家族や個人個人の事情、また予算なども考慮した上で墓地の条件を決めます。

STEP2 墓地を選ぶ

宗派の規定、永代使用料や管理費、墓石に関する規制項目など、契約内容を十分に検討しましょう。

STEP3 石材店を選ぶ

墓地によっては指定の石材店があります。技術は確かか、石材やお墓についての知識は深いかなど、複数の石材店を比較検討しましょう。

STEP4 購入申し込み・使用申請

購入申し込みには火葬証明書、住民票などが必要になります。墓地の使用許可申請を提出すると使用承諾書が交付されます。

STEP5 墓石を選ぶ

墓石の材質や形のほか、墓石に刻む文字も決めます。必要なら塔婆立や灯籠などの付属品も購入します。

STEP6 工事の施工

墓石の工事を行う際は墓地の管理事務所に施工の申請をしますが、通常は石材店が代行してやってくれます。区画の基礎工事や外柵工事、石材の加工など、通常1~2カ月かかります。

STEP7 埋葬手続き

菩提寺に火葬証明書・使用承諾書を渡します。

STEP8 開眼供養

僧侶などの祭祀者を招き、墓石に魂を迎え入れる儀式を行います。

お墓の費用

お墓を建てる際の費用として基本的に考えられるものは、「土地代」と「墓石代」です。

「土地代」は、お墓を建てる場所を永代に渡って使用する権利を取得する為の費用で「永代使用料」や「墓地使用料」といいます。この土地代はお求めになる墓地の地域や大きさにより価格が異なります。「墓石代」としてかかる費用は、墓地を囲む外柵と石碑が主ですが、それに付属する花立てや香炉、故人の戒名等を彫刻する墓誌等も考えられます。

一般的にお墓のパンフレットに記載されている金額は、その霊園における標準的な石材と工事、区画を示している場合が多いので、実際に建墓する際は、石種や石材の使用量、付属品や区画によって金額が変わってくることがあります。そのため、石材店に問い合わせるか、霊園に見学に行き、実際に建てられているお墓を例に金額を確認してみるとよいでしょう。また、複数の石材店が共同開発している民営霊園の場合は、霊園側で墓石価格が取り決められていることが多く石材店ごとの料金に差はありません。施工やアフターフォローは石材店によって変わってきます。

会社概要